コンテンツへスキップ

11/11(土) 荻野タグ、12(日) 通常練習(戸沢)

土曜日は荻野運動公園の陸上競技場でタグを行いました。スクール外からもご参加いただきありがとうございました。競技場の芝生は養生が最近終わったところで、ふかふか。子供たちが思わず靴を脱ぎ始めて、裸足でタグラグビーをプレーしました。

 

やってみるとわかりますが、そこそこ良い芝生だと、裸足で走るのはとてもきもちがよいものです。タグラグビーでは、前後左右にステップを切って動きますが、ぜんぜん問題ありません。主観ですが、スパイクよりキレよく走れる気がしますし、けがもしにくいのではないかと思います。ラグビーが盛んなニュージーランドでも、裸足でのラグビーはよく見る光景です。

 

翌日曜日は、台風21号の被害から復旧された戸沢橋グラウンドで通常練習を行いました。スクールで清掃活動をしたこともあって、当初予測よりも早い使用再開です。

1,2年生は、19日に三ツ沢競技場での試合(高校ラグビー県大会決勝の前座)に向けて、アジリティ(敏捷性)トレーニングからしっかり。

3,4年生の練習のテーマはフォロー。パスをしたら受け手に向かって動いてサポートプレーをする、という基本から、ループパスにつなげて練習しました。写真はディフェンス練習のヒトコマ。

5年生は半分がタグの大会に参加していて少人数でしたが、タックルを中心に残りの県公式戦にむけて準備しました。

幼稚園生・保育園性もキャップをかぶって練習。楽しめたかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です