コンテンツへスキップ

土日の2日にわたって第9回ミニラグビーファイナルカップが小田原の城山陸上競技場で開催されました。

県内の6年生のミニラグビーの選手権です。小学校卒業を機にラグビーから遠ざかってしまう子が多かったので、ぜひ中学校に行ってもラグビーを続けてもらえるよう思い出になるような大会を、ということで9年前から毎年この時期に開かれています。県内・県外招待の20チームが競い合いました。

厚木ラグビースクールからも6年生チームが参加しました。2日間の4試合ですが、個々人もチームもまた成長していくのがよくわかりました。素晴らしいプレーヤー、素晴らしいチームになりました。

卒業まではあとひと月ほどあり、試合もまだ予定されていますが、ファイナルカップで一区切り。このメンバーでの残りの時間を楽しんでもらえたら、と思います。

酒井グラウンドでYCACラグビースクールと秦野ラグビースクールの皆さんをお迎えして、合同練習と交流戦を行いました。気温は低かったですが、天気が良かったので暖かい日差しの下、たくさんの試合をすることができました。

同じラグビー、同じ神奈川県内ですが、チームによってカラーが違います。対外試合では、反省すべきところ、修正・強化すべきところが見つかりますが、同時にそのスクール、そのチームのいいところ、大事にしたところを発見する機会でもあります。

今日の試合、ここがダメだった、という反省は大事ですが、ここが良かった、今日はこれができるようになった、という振り返りも同じように大事です。そうすると、次も良かったことを続ける意識ができ、そうすることで一歩ずつ上達していけるからです。

来週も試合をやります。ぜひ、今日を振り返って次に活かしましょう。