コンテンツへスキップ

タグラグビーの服装

年度初めということで、これからタグラグビーを始める方に、服装などについての注意点をお知らせします。

服装(試合):上はスクールの青いTシャツ。裾は短パンにしまいます(「入れパン」)。下は白い短パン(ラグビー用でなくサッカー用などでOKです)。青いハイソックス(あれば)。寒いときはアンダーシャツやレギンスなどを着用(色指定なし)。

服装(練習):動きやすい格好であればOKです。試合と同じでももちろんOK。

身だしなみで、気を付けてほしいのは3点。
1.爪を切る。試合前のチェックでひっかかる例多数です…。毎週金曜日とか土曜日朝に切る習慣にするとよいでしょう。
2.帽子はつばを後ろ向き、髪止めはゴムなど軟らかい素材で。 帽子については他のプレーヤーの顔にあたるのを防止するため。安全のため、髪止めは金属製など硬いものを避けてください。
3.スパイク禁止。 安全対策のため。サッカー用のトレーニングシューズ(「トレシュー」)が滑りにくくオススメとされますが、特に低学年では、普通の運動靴で問題ありません。履き心地などやコストパフォーマンスなど(成長が早いので)を優先しましょう。

下の写真が「トレシュー」。ソールの色は問いません。写真は「人工芝用」らしいです。試合や練習は普通のフィールドでやることが多いです。

下の写真が「スパイク」シューズ。サッカー用です。ミニラグビーでは着用OKですが、タグではNGです。

(ミニでもトレシューで十分じゃないかな、と思います。成長期の足の負担もより少ないし。)

※ 帽子に関する記載部分に髪止めについても後日追記しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です