コンテンツへスキップ

厚木ラグビースクール規約

第1条(目的)

ラグビーを通じて体力の向上と豊かな人間性の育成とスポーツの厳しさを学び、次代を担う人間として成長することを目的とする。

第2条(名称)

厚木ラグビースクール(愛称「ドンキーズ」)

第3条(運営)

厚木ラグビースクール運営協議委員会役員を総会において選出し、これが運営にあたる。父母会はこのサポートにあたる。

第4条(指導)

生徒の指導は各カテゴリーごとに配置したコーチが行う。コーチの任命は総会において会員の承認で行われる。

第5条(活動)

当スクールの活動形態は、ジュニアラグビー、ミニラグビー、タグラグビーの三本立てである。基本的には毎週日曜日を練習日とし通年行われる。練習時間は原則3時間以内としコーチが適宜、機構、スケジュールを鑑み判断する。

第6条(運営協議会)

本会は、当スクールの目的を達成するために下記の事業を行う。
 (1) 厚木ラグビースクールの普及と奨励。
 (2) 神奈川県ラグビースクール大会、各種タグラグビー大会等、児童生徒が参加する大会への支援。
 (3) 厚木ラグビースクール生徒の親睦行事。
 (4) その他、本会の目的達成に必要な事業

2(役員)本会は次の役員を置く。
 会長1名(スクール校長を兼務する)
 副会長若干名(スクール副校長を兼務する)
 事務長1名
 会計若干名
 理事(含む顧問)若干名

3(役員の選出および任期)
 (1) 会長は、理事により選び、総会により承認を受け、本会を代表し会務を統括するとともに、役員の欠員が生じた場合は、補欠役員を任命できる。また、神奈川県ラグビースクール競技会に理事として厚木市ラグビーフットボール協会に理事として登録する。
 (2) 副会長は、理事により選び、総会により承認を受け、会長を補佐し、会長に事故等がある時は、その任務を代行する。
 (3) 事務長は、理事により選び、総会により承認を受け、本会の事務を行う。
 (4) 会計は、理事により選び、総会により承認を受け、本会の事務を行う。
 (5) 理事は、スクールコーチ、各カテゴリー保護者の互選による代表者をもって定め、会務を審議する。
 (6) 顧問は、会長が必要に応じて前任役員から選出することができ、会長の相談役を行う。

4(役員の任期)
 (1) 役員の任期は(会長/副会長/事務長/会計)2ヵ年、理事は1ヵ年とする。ただし再任は妨げない。
 (2) 補欠役員任期は、前任役員の残任期間とする。
 (3) 役員は、任期が終了しても後任者が就任するまでの職務を行うものとする。

5(会議)
 (1) 会議は運営協議会総会(以下総会と略す)と運営協議会理事会(以下理事会と略す)よりなる。
 (2) 総会は運営協議会の最高決定機関で、本則の改廃、本会役員、父母会役員、コーチの選出・承認、年間事業計画、会計報告、予算審議等の重要項目の審議を行う。
 (3) 理事会は総会で定められた事業計画に基づき、通常の運営上の審議を行う。

6(会議の成立)
 (1) 会議は各々の2分の1以上の参加をもって成立する。
 (2) 議決は出席者の2分の1以上の同意を得て決する。

第7条(父母会)
 (1) 父母会は、スクールの日々の練習、行事、各カテゴリー試合のサポートを行う。
 (2) 父母会は、会長、副会長(父母会会計兼務)と各カテゴリー担当役員を置く。
 (3) 父母会長は父母会員の選挙により選任される。
 (4) 副会長、各カテゴリー担当役員は父母会員の互選により選任される。
 (5) 父母会役員の任期は1年とする。
 (6) 父母会費の運用は父母会に一任する。

第8条(コーチ)

活動形態をジュニア、ミニ高学年、ミニ中学年、タグ高学年、タグ中学年、タグミルキーの各カテゴリーに分けそれぞれにコーチを配置する。

2(コーチの活動)
 (1) コーチは、各カテゴリーを統括する統括コーチと各カテゴリーのコーチが連携のもとに指導にあたる。
 (2) コーチは生徒の府警によるサポートコーチ、専任コーチからなる。
 (3) コーチは全て、ボランティアであり一切の報酬・謝礼は受け取らない。
 (4) コーチは、常に技術の向上に努め各種講習会に積極的に参加する。(講習会の費用については 必要に応じ一部スクール会費より支弁される)

第9条(会費)

スクール年会費、父母会費、スポーツ保険費は、総会により定める。

2(徴収)
 (1) 会費は、4月と10月に半年分を一括徴収する。途中退校については返金しない。(一括での支払いも可)
 (2) 合宿費、遠征費、タグ大会等で別途徴収が必要となったスポーツ保険料などは別途徴収する。

第10条(障害)

スクール活動中の障害については、事故発生時において最善の対処手段をとるが、かかる費用については全て保護者による自己負担とする。そのため費用負担の軽減の為に、スクール活動参加者は全てスポーツ保険に加入する。(スクール活動に参加する父母、コーチも含む)

第11条(ユニフォーム)

当スクールで必要となるユニフォーム、ヘッドキャップ、スパイクなどは自己負担とする。(ただし、タグラグビー試合用Tシャツは、入校時プレゼントされる)

附則 本規約は、平成26年4月1日より施行する。これにより、厚木ラグビースクール運営協議会規約、厚木ラグビースクール校則は平成26年3月31日廃止される。